職業・属性

学生でも即日キャッシング出来る?安定収入があれば可能

学生であっても、定期的に収入を得ることが可能なアルバイトなどの職についていればそれをきちんと証明することによって消費者金融から即日融資を受けることは可能です。

アルバイトをしていれば借りることは可能!

学生がお金を借りる時には融資の限度額にもかなりの制限がされますが、少なくともアルバイトをやっていることを証明すれば20万円程度の現金を借りることは可能になっていますのでキャッシングを気軽に利用することが出来る立場にあります。

この考え方は、学生専用のクレジットカードを想定すればわかりやすいです。学生であってもクレジットカードは簡単に作ることが出来ますが、その中には一定範囲のキャッシング枠という現金の借入の枠が存在します。

クレジットカードのキャッシング枠というのは全て貸金業の基準によって提供されますので、基本的にこのサービスを利用できる消費者は消費者金融からも即日融資を受けることが出来ることを意味します。

信用情報を確認

そして、こうした学生がお金を借りることが可能な状況で行われる審査としてほぼすべての消費者金融で基準とされているものに信用情報という消費者の情報があります。

信用情報は、消費者が借入の申請をしてその情報を消費者金融側に送信した段階ですぐに行われます。一般的な消費者金融の流れは、まずその会社から用意されている申し込みフォームに必要な情報を書き込んでその情報を消費者金融に提供することから始まります。

そして、この情報を消費者金融に対して送信をすると連絡用の電話番号の連絡先に対して電話がかかってくることになりますので、その電話に出れば問題ありません。電話にでると、話が早い消費者金融ならばその時点で信用情報の情報を確認されることになりますのでその時点で問題なければ審査に通ります。

この信用情報の問題点に関しては、自動で消費者金融が精査をしますので消費者の方から何か審査に関して提出しなくてはならない書類があるようなこともありません。

信用情報は、その名前の通り消費者の信用性を保証する情報のことを意味しますので、この情報に借入の申請を行った人物にとって良くない情報が掲載されているとそれによって審査をクリアできないことは頻繁にあります
ですから、借入の申し込みをする時にはきちんと借金の情報を自身である程度整理してから、お金を借りることできる状況を作って審査に臨むことも重要なのです。

在籍確認とは?

さらに、これとは別にもう一つ学生が利用できる消費者金融では必要だと判断されている審査基準があります。それは、借入をした人の収入を判断するために用意されている在籍確認という特殊な審査基準です。

在籍確認に関しては、実際に審査を受ける前に信用情報以上にしっかりと正しい知識を持ってその審査に臨むことが重要になります。そもそも、審査を受ける消費者にとって最も誤解を受けている審査がこの在籍確認という審査だからです。

在籍確認は、その名称の通り消費者の在籍を確認するためのものであるため多くの人は自宅に電話がかかってきたり、定期的に確認の電話が行われると言った間違った情報を信じている人がいます。しかし、在籍確認というのは借入をした人物が会社から給料を得て普通の生活を出来るだけの返済能力が存在するのかどうかを確認するための審査であるため、プライベートなことを確認するのではありません

ですから、自宅に電話がかかってくることはまずありませんし、そもそも定期的に電話がかかってきたりするものではありません。しかも、在籍確認は本当に単純な在籍確認であるため、その電話に対する電話に応対することができればそれだけで安定した収入が存在しているという推定がされます。ですから、安定した収入の証明を書面で行う必要性がなく大変便利なのです。

続きを読む

主婦でも即日キャッシング可能なところってあるの?

即日キャッシングというと、すぐに借りられるというイメージもあります。これはもちろんそうなのですが、実は誰でもお金を借りられるとは限りません。

主婦の場合は?

では、主婦になった場合はどうなのでしょうか。主婦の場合は、本人の収入の有無がポイントになるのです。

収入がある場合

まず、収入がある場合です。
ここでいう収入とは月収三万円ほどのパートから、フルタイム勤務で月に数十万も稼ぐという人も含みます

会社勤務であれば正社員でも派遣社員でもパートでも、雇用形態は特に問うことはありません。もちろん信用度合いやいくら借りられるかということに雇用形態は影響しますが、借りられるかどうかというのは違うのです。

このため、もし数万円だけすぐに借りたい、というのなら、実はパートで収入が少なくても、即日キャッシングで当日中にすぐに借りることができます

実は即日キャッシングは審査基準がゆるく、数万円だけというのなら借りられることも多いのです。このため、利用するのならなるだけ早いうちに申し込みをしましょう。

収入がない場合

一方、収入がない場合はかなり厳しくなると考えたほうがいいでしょう。
実は収入がない場合、残念ながら借りる本人に収入がないとなるとまず審査には通りません。収入がないというのは無職ということですから、無職の人にお金を貸すことはできないのです。

これは産休・育休などで会社から給料をもらっていない場合も当てはまります。ただし、産休手当・育休手当が出ているのならその金額を収入だと申告することもできます。この場合はキャッシング会社ごとに全くルールが違いますから、会社によっては通るかもしれない、という程度でしょう。

そして、それ以外の理由にもかかわらず全く収入がない専業主婦となると、ますます可能性は低くなります
夫の収入はあなたの収入ではないのですから、自分名義での借り入れの際には自分名義での収入が必要になるのです。その点だけはよく覚えておきましょう。

夫の許可なく夫名義で勝手に申し込むと虚偽申し込みなどになり、書類を書いた場合は私文書偽造などの法律に引っかかる可能性も出てくるのです。
かつては配偶者貸付といって、配偶者に収入があれば二人の収入を合計した年収の3分の1まで借りられた時代があったのです。ただ、これはとてもトラブルが多く、今ではあまり行われていません。

名義にも考え方がある

ちなみに、このような名義は様々な考え方があります。
もし専業主婦でも夫の許可があり夫の収入がちゃんとしている場合、夫の名義で即日キャッシングを行うのです。この時、手続きは自分が実際に行うとしても名義は夫で夫の代理として申し込みをした、というものです。

ただ、この場合必ずその会社が本人ではないと申請できない、としているのかどうかというのがポイントになります。

もうひとつは貯金をしているような銀行にローン枠を設定することです。特にネットバンク系の銀行はかなり審査も早く、キャッシングサービスも即日でつくことが多いものです。

ネットバンクに貯金をしている・定期預金や積立預金がある程度あるのなら、その積み立てた預金などが影響してお金を借りられることもあります。ただしこの場合は預金者名義でのキャッシングとなり、あなたの名義ではないのならば借りることができません。

また、即日というほど早くはなりませんが、数日待てるという場合なら、銀行のキャッシングを利用するといいでしょう。この場合は配偶者の収入などでも確認ができますし、配偶者の確認も必要なくお金を借りることができます。とはいえこちらは審査が厳しいので、その点は考えておくといいでしょう。

滞納などの経験があると審査は通らない

ちなみにこの文章では、ローンの返済などは順調で滞納などは一切したことがないという前提です。
もし滞納などの経験がある場合、信用情報に傷が付いていることがありますので、審査に落ちる可能性があります。

続きを読む