借り入れ

外国人の為のキャッシング!海外国籍でも即日キャッシングで借りられる!?

年々、日本を訪問する外国人の数は増加傾向にあります。短期間の観光旅行ということもあれば、勉強のためにしばらく日本に居住するというケースもあるかもしれません。

さらに、就労ビザでわずかな期間、出稼ぎにきている人もいれば、日系企業あるいは外資系企業の会社で正社員として雇用されている外国人もいます。それ以外にも、日本人との婚姻によって、日本に永住しているという場合もあるでしょう。

日本国籍があれば、問題なし!

外国人の中には、海外国籍を捨て、日本に帰化し日本国籍を取得している人もたくさんいます。この場合、外国人ではなく日本人と同等の扱いになるため、キャッシングの利用に何ら問題はありません。日本人がキャッシングを利用する時とまったく同じ条件での申請で審査が行われ、即日融資を受けることが可能です。

海外国籍の場合は?

では、日本国籍を取得せず、海外国籍のままで日本に居住している人の場合は、一体どうなるのでしょうか?
これは、その人のビザ、つまり滞在許可の種類によって扱いが異なります。たとえば、観光できている旅行者のほか、学生や労働のために一時的な滞在許可を得ているだけという場合は、キャッシングは不可能だとしている金融業者がほとんどです。

しかし、永住許可を受けており、国内で安定した収入があると認められると、キャッシングできる可能性があります。この場合の申請に必要となるのは、パスポート、運転免許証や健康保険証といった身分証明書に加えて、外国人登録証明書、在留カードまたは特別永住者証明書といったものを求められることになります。

さらに、電話による在籍確認が行われますので、勤務先の問い合わせ番号も必要です。また、日本人の場合は必要とされない収入証明書も、海外国籍の場合には必要といわれることもあります。在籍年数なども考慮する金融業者もありますので、確認が必要です。

それらの書類がすべて揃っており、すぐに確認を取ることができれば、海外国籍の外国人であっても即日キャッシングでお金を借りることができます

また、日本人と婚姻関係にあり、配偶者に安定した収入があるという場合には、申請者にまったく収入がなくても融資を受けられる可能性があります。この場合、貸金業法の総量規制対象にあたる消費者金融ではなく、配偶者貸し付けを行っている銀行系のカードローンのみになります。

キャッシングの際に重要なのは

なお、キャッシングを利用する際に、もっとも重要になるのは日本語の読解力があることです。さらに、会話ができることももちろん必須条件です。申し込みの書類や融資に関する条件などが読み取れないとか、本人確認の電話で会話が通じない場合には、金融業者も融資を見送らざるを得なくなるでしょう。

その場合、信頼できる人に翻訳や通訳を依頼することも可能ですので、きちんと契約内容を理解し、正しい記入をすることが大切です。金融業者に不信感を与えないようにするのも、審査を通過するための大切なポイントといえるでしょう。

それから、海外国籍であっても、これといった書類や証明を求めずに簡単にお金を貸してくれる金融業者があった場合、それは闇金の可能性が高いので注意が必要です。

違法な金利での貸し付けでトラブルに巻き込まれることもありますので、手を出さないのが無難です。外国の人の場合、貸金業者の見分けがつかないこともあるかもしれません。そういう場合には、街の中にある中小規模の貸金業者ではなく、大手の金融業者を利用するのが安心です。

もし1社目で審査が通らなくても、複数の金融業者にあたってみるとよいでしょう。各業者によって、融資限度額や基準が異なります。ですので、違う会社であれば融資してもらえることもありますので、いくつか問い合わせてみることをお勧めします。

続きを読む

フリーローンとキャッシングの違いとは!?

お金を借りるとき、様々なお金の借り方があります。
この中には「フリーローン」を利用する人もいれば「キャッシング」を利用する人もいます。実はこのフリーローンとキャッシングはかなり用途が違うものなので、選び方をよく考えましょう。

システムの違い

まず、システムが違います。
フリーローンもキャッシングもお金を借りて返済するというものではあるのですが、途中でお金が追加借り入れできるかどうかに違いがあるのです。

フリーローンは一度借りたら追加借り入れができず、そのあとはずっと返済していくだけというものになります。
もし追加でお金を借りたいときは、また別のローンを新たに契約することになります。この時、前に借りていたローンの存在がリスクだと判断されれば借り入れをすることができません。

一方、キャッシングは特定の枠の中で一度借りて返済中でもまた追加で借り入れができます。返済していけば与信枠が空き、その与信枠の分だけまたお金を借りることができるのです。このため、追加での借り入れができますし、借金をさらに追加したいのなら対応できます。

借り入れ場所の違い

次に借り入れ場所です。

フリーローンの場合はだいたい銀行や消費者金融などで借りることができます。インターネットでも契約することができます。申込書を記入し、お金を借りることになるのです。

一方、キャッシングの場合は銀行や消費者金融などで契約します。お金を借りるのはだいたい無人契約機やATMなどで借りることになります。インターネットでも借りることができますし、追加借り入れもできます。

ちなみに電話を使う場合は専用のコールセンターに電話し、オペレーターに申し込みをして手続きを行うようになるのです。

用途の重要性の違い

そして、用途の重要性も違います。
フリーローンの場合は用途を必ず聞かれます。用途は必ず「何に使うか」を聞き、その用途に合う範囲内でお金を貸し出されます。このため、信用度合いが大きい人でもその用途に不相応な金額を借りることはできません。

一方、キャッシングの場合でも用途は聞かれるのですが、それ以上にその人の信用情報やその人の収入・返済能力などを見ます。このため、返済能力がどのくらいあるかなどの情報を重視し、審査によって借入枠が設定されるのです。

ちなみに、このために用途を偽って申請するのは虚偽申請となります。虚偽申請だと発覚すればすぐに一括返済を求められることもありますから、よく考えるようにしましょう。

利用枠の違い

利用枠の違いもあります。
フリーの場合は元本を返済していけば、その枠は徐々に減っていきます。利用枠が減ることは信用情報上では徐々に借金額が減るためリスクも減りますし、信用性も高くなります。

一方、与信枠が設定される場合は与信枠の範囲内ならば自由に借りて返済できるのですから、その与信枠の分だけは借金をしているとみなされ、信頼性やリスクが存在し続けるとみなされるのです。これは与信枠があるかぎり存在しています。

ちなみにこの与信枠が設定されるものとしては、他にも様々なローンや消費者金融などがあります。このため、近々大きな借金をしたり住宅ローンを利用するような場合は特に注意したいところでしょう。

もちろん返済能力に対して借入金額や与信枠が少ないのならそんなに意識することはありませんが、そうではないのならよく注意しておきたいところですね。

実はどちらもお金を借りるということについてはどちらも近く、ほぼ同じ条件となっています。ただ、その一方でお金を借りる場合はいろいろな手続きがあり、返済や借金の違いなどもかなり違いがあります。

このため、自分に合った方を適切に選び、なおかつ自分がどんなサービスを利用したいのか、ということをよく考えましょう。

続きを読む

ネット銀行のキャッシングが今年アツい!?無店舗型で低金利を実現

ネット銀行は最小限の店舗のみを有して、インターネットや電話などを介して取引を行っている銀行のことです。ネット銀行が登場したのはインターネットが一般家庭にも普及し始めた2000年代に入ってからで新たな業態の銀行として世にでることになります。

それまで先行していたネット証券の銀行版とも言えるもので、その多くは銀行や通信会社などの共同出資によって設立されたり銀行の子会社などとして設立されてきた経緯があります。現在では都市銀行や地方銀行とは異なり全国を営業エリアとする銀行として営業しています。

ネット銀行のサービス

ひとつにネット銀行といっても、そのサービスはさまざまで店舗を保有しないことによる運営コストの低さから従来の銀行に比べて低い手数料で取引を行うものから、プレミアムなサービスを専ら提供しているところなどもあります。

一方で自前の店舗を保有していないため、現金のやり取りに関しては提携している銀行やコンビニなどのATMを使って行うことになります。多くは銀行通帳は発行されず、キャッシュカードのみ発行され、取引明細に関してはパソコンや携帯電話で閲覧することになります。なお、申し込みに関しては郵送で行う必要があり、消費者金融などとは異なりインターネット上ですべての手続を完結させることはできません

以前のネット銀行のサービスとしては、その運営コストの低さやインターネット上で取引を行うことによる低い手数料によるお金のやり取りが中心でしたが、2010年代に入ると各種ローン商品や外貨預金、投資信託、保険などを幅広く扱うようになっています。特にローンに関しては運営コストが低いため低金利といったメリットがあります。

ネット銀行のキャッシング

一方でローンサービスでもやや異なるのがキャッシングです。キャッシングは用途自由なお金を借り入れることができるサービスのことです。銀行では同様のサービスとしてはカードローンが知られますが、カードローンではATMから直接お金を引き出すことができますが、ネット銀行のキャッシングの場合にはインターネットで手続きを行って限度額内の金額を銀行口座に振替る方法で融資されます。返済は銀行口座から引き落としのほか振替で行われます。

金利に関しては銀行ごとに変わってきすが、下限金利が2%台の低金利の商品も用意されています。一方で上限金利に関しては18%が設定されており、消費者金融並みに高いところがあります。

このように金利の幅が広いのはあらゆる顧客層に対応しているためで、実際の金利はその人の信用力に応じて設定されることになります。借入できる限度額は1000万円までと設定しているところもあり、最高限度額であれば金利は2%台と低金利に設定されており、他の目的ローンを利用するよりも有利に借入ができるケースもあります。

借入には口座開設が必要

申し込みから審査、契約も比較的簡単に行え、口座があれば1時間足らずの時間で借入を行うことが可能です。もちろん口座がない場合にも口座開設をすることで利用が可能ですが、口座開設の手続きが必要です。

借入に関してはログインして借入金額を入力し確定するだけで自動的に口座に入金されます。ネット銀行は365日24時間営業しているので、すぐに融資が実行され夜間でも借入が可能ですし、提携ATMを通じて出金することもできます。

一方で返済に関しては、銀行口座から行われる自動引き落としによって行われます。毎月の返済額は残高によって連動するタイプが一般的です。

なお、返済が早ければ早いほど金利を負担しなくても済みますが、繰り上げ返済も可能で、この場合には借り入れる際と同様にログインして返済金額を入力し銀行口座から振り替えることで行うことができます。

続きを読む