銀行の傘下となった消費者金融で即日キャッシングがオススメ

キャッシングを利用する際には銀行系消費者金融を使うことが最も理にかなっています。キャッシングというのは、元々消費者金融という業種が提供していた消費者向けの小口のサービスの総称のことを意味します。

文字通り、消費者に対して小さなお金を貸すことを目的として融資を提供していますので、簡単な審査でかつ定額の融資で気軽にお金を借りることが出来るとあって多くの人から人気を集めているのです。

そして、こうした消費者金融という業種に関しては銀行系の消費者金融と信販系の消費者金融の二つに分けることができ、より信用性のある消費者金融として人気を集めているのが銀行系の消費者金融というわけなのです。

銀行系と信販系での審査基準の違いとは?

消費者金融は、即日融資の審査基準として在籍確認や信用情報といった簡易的な審査基準でサービスを提供していますが、消費者金融の中でも銀行系と信販系では若干この内容にも違いがあります。

銀行系の消費者金融では少しだけ審査基準を信販系よりも厳しくすることによって利息を小さくしてより安全性が高い融資を提供していますが、信販系の消費者金融は審査基準をゆるくしてより借りやすいサービスを目指すことに主眼をおいています

この点を比較すると、一般的に銀行系の消費者金融の方は初心者にとっては使いやすいサービスであることがわかります。

簡単な審査でお金を借りられる理由とは?

では、銀行のような難しい審査と違ってなぜ消費者金融では在籍確認などの簡単な審査のみで現金を借りることが可能になっているのでしょうか。それは、消費者金融の融資そのものが法律によって銀行などの金融機関とは分けて考えられているからに他なりません。

基本的に、消費者金融というのはあくまでも貸金業者というカテゴリーで業種を分けることになり、様々な金融サービスを提供する金融機関とは異なる存在として定義されています。

こうした定義はどのようにして行われるのかというと、それぞれのサービスに対して適用される法律によって行われるのです。銀行は、顧客に対して融資のサービスを提供することができる企業ですがそれだけではなくサービスとして口座を開設してそこから現金を預かることが出来ます。

そして、預かった現金を資産運用することによって企業の利益とすることが可能なのです。こうした経営手法が認められているのは、銀行法という法律によってそうした方法での経営が許容されているからにほかなりません。

一方で、貸金業者である消費者金融がこのような口座の開設などを率先して行ってしまうと犯罪行為となってしまい罪に問われることになるのです。消費者金融は貸金でのみしか利益を上げることが出来ない立場にあり、だからこそ簡易的な審査基準でより多くのお金を顧客に対して融資することができるようになっているのです。
そして、この法律的な考え方はそのまま利息に関する法律にも当てはまります。

利息はどのように決められているのか?

借りやすい消費者金融の利息の状況はどのようになっているのかというと、実は消費者金融の利息の上限はその業者が決めているわけではなく、利息制限法という法律によって融資の契約の最初から設定されているのです。

この法律を上回る利息を設定することは認められておらず、仮に手な判断で利息の上限を破って法定外の利息を設定すると行政処分の対象となって融資を提供することができなくなるのです。

そのため、消費者は常に法律によって定められた範囲内で利息の上限を設定してもらい安心して利用することが出来ます

このように、銀行傘下に入っている消費者金融では利息を最小限に小さくしてかつ簡単な審査でお金を借りることが可能だというメリットがあります。即日融資の基準も在籍確認や信用情報の照会で収まっていますので誰でもすぐに利用できるサービスが提供されています。