学生でも即日キャッシング出来る?安定収入があれば可能

学生であっても、定期的に収入を得ることが可能なアルバイトなどの職についていればそれをきちんと証明することによって消費者金融から即日融資を受けることは可能です。

アルバイトをしていれば借りることは可能!

学生がお金を借りる時には融資の限度額にもかなりの制限がされますが、少なくともアルバイトをやっていることを証明すれば20万円程度の現金を借りることは可能になっていますのでキャッシングを気軽に利用することが出来る立場にあります。

この考え方は、学生専用のクレジットカードを想定すればわかりやすいです。学生であってもクレジットカードは簡単に作ることが出来ますが、その中には一定範囲のキャッシング枠という現金の借入の枠が存在します。

クレジットカードのキャッシング枠というのは全て貸金業の基準によって提供されますので、基本的にこのサービスを利用できる消費者は消費者金融からも即日融資を受けることが出来ることを意味します。

信用情報を確認

そして、こうした学生がお金を借りることが可能な状況で行われる審査としてほぼすべての消費者金融で基準とされているものに信用情報という消費者の情報があります。

信用情報は、消費者が借入の申請をしてその情報を消費者金融側に送信した段階ですぐに行われます。一般的な消費者金融の流れは、まずその会社から用意されている申し込みフォームに必要な情報を書き込んでその情報を消費者金融に提供することから始まります。

そして、この情報を消費者金融に対して送信をすると連絡用の電話番号の連絡先に対して電話がかかってくることになりますので、その電話に出れば問題ありません。電話にでると、話が早い消費者金融ならばその時点で信用情報の情報を確認されることになりますのでその時点で問題なければ審査に通ります。

この信用情報の問題点に関しては、自動で消費者金融が精査をしますので消費者の方から何か審査に関して提出しなくてはならない書類があるようなこともありません。

信用情報は、その名前の通り消費者の信用性を保証する情報のことを意味しますので、この情報に借入の申請を行った人物にとって良くない情報が掲載されているとそれによって審査をクリアできないことは頻繁にあります
ですから、借入の申し込みをする時にはきちんと借金の情報を自身である程度整理してから、お金を借りることできる状況を作って審査に臨むことも重要なのです。

在籍確認とは?

さらに、これとは別にもう一つ学生が利用できる消費者金融では必要だと判断されている審査基準があります。それは、借入をした人の収入を判断するために用意されている在籍確認という特殊な審査基準です。

在籍確認に関しては、実際に審査を受ける前に信用情報以上にしっかりと正しい知識を持ってその審査に臨むことが重要になります。そもそも、審査を受ける消費者にとって最も誤解を受けている審査がこの在籍確認という審査だからです。

在籍確認は、その名称の通り消費者の在籍を確認するためのものであるため多くの人は自宅に電話がかかってきたり、定期的に確認の電話が行われると言った間違った情報を信じている人がいます。しかし、在籍確認というのは借入をした人物が会社から給料を得て普通の生活を出来るだけの返済能力が存在するのかどうかを確認するための審査であるため、プライベートなことを確認するのではありません

ですから、自宅に電話がかかってくることはまずありませんし、そもそも定期的に電話がかかってきたりするものではありません。しかも、在籍確認は本当に単純な在籍確認であるため、その電話に対する電話に応対することができればそれだけで安定した収入が存在しているという推定がされます。ですから、安定した収入の証明を書面で行う必要性がなく大変便利なのです。