外国人の為のキャッシング!海外国籍でも即日キャッシングで借りられる!?

年々、日本を訪問する外国人の数は増加傾向にあります。短期間の観光旅行ということもあれば、勉強のためにしばらく日本に居住するというケースもあるかもしれません。

さらに、就労ビザでわずかな期間、出稼ぎにきている人もいれば、日系企業あるいは外資系企業の会社で正社員として雇用されている外国人もいます。それ以外にも、日本人との婚姻によって、日本に永住しているという場合もあるでしょう。

日本国籍があれば、問題なし!

外国人の中には、海外国籍を捨て、日本に帰化し日本国籍を取得している人もたくさんいます。この場合、外国人ではなく日本人と同等の扱いになるため、キャッシングの利用に何ら問題はありません。日本人がキャッシングを利用する時とまったく同じ条件での申請で審査が行われ、即日融資を受けることが可能です。

海外国籍の場合は?

では、日本国籍を取得せず、海外国籍のままで日本に居住している人の場合は、一体どうなるのでしょうか?
これは、その人のビザ、つまり滞在許可の種類によって扱いが異なります。たとえば、観光できている旅行者のほか、学生や労働のために一時的な滞在許可を得ているだけという場合は、キャッシングは不可能だとしている金融業者がほとんどです。

しかし、永住許可を受けており、国内で安定した収入があると認められると、キャッシングできる可能性があります。この場合の申請に必要となるのは、パスポート、運転免許証や健康保険証といった身分証明書に加えて、外国人登録証明書、在留カードまたは特別永住者証明書といったものを求められることになります。

さらに、電話による在籍確認が行われますので、勤務先の問い合わせ番号も必要です。また、日本人の場合は必要とされない収入証明書も、海外国籍の場合には必要といわれることもあります。在籍年数なども考慮する金融業者もありますので、確認が必要です。

それらの書類がすべて揃っており、すぐに確認を取ることができれば、海外国籍の外国人であっても即日キャッシングでお金を借りることができます

また、日本人と婚姻関係にあり、配偶者に安定した収入があるという場合には、申請者にまったく収入がなくても融資を受けられる可能性があります。この場合、貸金業法の総量規制対象にあたる消費者金融ではなく、配偶者貸し付けを行っている銀行系のカードローンのみになります。

キャッシングの際に重要なのは

なお、キャッシングを利用する際に、もっとも重要になるのは日本語の読解力があることです。さらに、会話ができることももちろん必須条件です。申し込みの書類や融資に関する条件などが読み取れないとか、本人確認の電話で会話が通じない場合には、金融業者も融資を見送らざるを得なくなるでしょう。

その場合、信頼できる人に翻訳や通訳を依頼することも可能ですので、きちんと契約内容を理解し、正しい記入をすることが大切です。金融業者に不信感を与えないようにするのも、審査を通過するための大切なポイントといえるでしょう。

それから、海外国籍であっても、これといった書類や証明を求めずに簡単にお金を貸してくれる金融業者があった場合、それは闇金の可能性が高いので注意が必要です。

違法な金利での貸し付けでトラブルに巻き込まれることもありますので、手を出さないのが無難です。外国の人の場合、貸金業者の見分けがつかないこともあるかもしれません。そういう場合には、街の中にある中小規模の貸金業者ではなく、大手の金融業者を利用するのが安心です。

もし1社目で審査が通らなくても、複数の金融業者にあたってみるとよいでしょう。各業者によって、融資限度額や基準が異なります。ですので、違う会社であれば融資してもらえることもありますので、いくつか問い合わせてみることをお勧めします。