土日祝日も可能な即日キャッシングの魅力

急な出費でその日のうちにお金を手にしたい、という場合でも、申し込んだ当日に融資可能なのがキャッシングの魅力です。もちろん審査には通らなければなりませんが、多くの金融機関で審査をスピーディに行い、融資を実行することを重視していますので、何日も待たされる、ということはありません。

条件を満たせば借りられる!

お金を借りる方法は借入だけではありませんが、誰かに借りるにしても、数十万円という大金をすぐに用立ててくれる人はなかなかいません。その点、消費者金融は、お金を貸すことが仕事ですから、条件さえ満たせば貸してくれます

しかし、どこのサービスでも、どんな時間帯でも即日融資をしてもらえるとは限りません。特に土日、祝日となると、金融機関が営業していません。いくら申し込みをする消費者金融が営業していても、振り込んでほしい銀行が振込業務を行っていなければ、当然お金を手にすることはできません

土日・祝日にお金を手にするには?

無人契約機を利用

金融機関が休みの土日、祝日にキャッシングサービスに申し込み、尚且つ当日お金を手にするには、ちょっとしたコツが要ります。
最も手っ取り早い方法はインターネットで申し込みをして、無人契約機でカードを受け取る、というものです。

無人契約機の近くにはATMが設置されており、すぐに現金を引き出すことができます。大手消費者金融であれば、この方法でほぼ即日融資が可能です。

無人契約機には行かず自宅で手続きをするには?

問題は、無人契約機に行きたくない、自宅でできる手続きで、当日お金を振込で手にしたい、という場合です。先述のように、銀行営業日であれば、それも可能でしょう。銀行の営業時間ギリギリに申し込んでいては難しくなりますが、午前中に申し込みをすれば当日口座に振り込まれる可能性は充分にあります。しかし、土日、祝日となると、一歩も外に出ずに融資してもらうのは困難なように思えます。

ところが、それが可能な消費者金融も存在します。それは、提携している銀行がある消費者金融のキャッシングサービスです。コマーシャルなどで誰もが名前を知っているような大手消費者金融であれば、提携している銀行を持っており、24時間365日、いつでも振込が反映されます。銀行の休業日に即日融資を希望するのであれば、提携銀行がある消費者金融に申し込みをしましょう

但し、提携している銀行の口座がない人は、この方法は使えません。銀行口座の開設は、さすがに家から一歩も出ずに当日中に、というわけにはいきませんから、ネット申し込み、無人契約機でカード受け取りのパターンでいくしかないでしょう。

審査に必要な物は?

審査にあたっては、本人確認と収入証明が必要になります。何の書類も提出せずにすぐに振り込んでくれる、というわけではありません。これらの書類だけは揃えておく必要があります。本人確認書類とは、運転免許証、パスポート、保険証などです。

運転免許証があるなら、必ず免許証の提示を求められます。収入証明は、源泉徴収票、納税証明書、給与明細などです。源泉徴収票は、会社員なら必ず毎年もらっているはずですので、手元にあるでしょう。

貸金業者の場合、50万円以上の借入もしくは他社との借入合計が100万円以上の場合には、必ず収入証明を求めてきます。それ以下の場合でも、求められることはあります。

通常、個人的融資の場合、本人が申し込んでいることを確認するため、職場に在籍確認の電話があります。しかし、土日、祝日の場合、会社も休日で在籍確認ができない、ということもあるでしょう。

このような場合には、社員証や保険証の提示によって、在籍確認の代わりとしてくれる場合もあります。申し込みの時点で相談しておくと良いでしょう。

このように、急な出費でも、誰にも頭を下げずにお金を借りられるのが、キャッシングサービスの魅力と言えるでしょう。