収入証明書不要で借りる即日借りるキャッシングなら銀行系!?最大300万円まで不要なところも

即日借りるキャッシングは、消費者金融が主なものでしたが、近年では銀行でも対応できるようになってきました。理由は、キャッシング審査に、保証会社として消費者金融やクレジットカードの信販会社が関わるようになったからです。

銀行の審査に変化が!

銀行の貸付の審査は金利が低い代わりに、審査に時間がかかる傾向があり、合否結果が出るまでに早くても2、3日かかることが多いです。

一方、個人客を相手とした貸付は、消費者金融の方が慣れていて、審査に関しての豊富な実績と知識があり、迅速に行えます。即日借りるなら、消費者金融の方が向いているというのは、審査が迅速にできることからそのように見られています。

消費者金融を保証会社にすることで、銀行側に大きなメリットがあります。それは、キャッシング契約をするのに、担保や保証人をつけずに貸付をすると、万が一相手が返せなくなった場合に、損をしてしまいます。

しかし、消費者金融である保証会社が審査を行い、顧客が信頼に足る人物だと保証をし、返せない場合は責任をもって弁済するということで、大損をすることはありません。審査の迅速化と代位弁済が可能になるのです。
また、ある一定の額以内なら収入証明書不要でも即日借りることも可能となります。用意する書類が少ないと、申し込みの手間もかからず、ハードルも低く感じるでしょう。銀行によって差がありますが、だいたい50万円から100万円以内なら収入証明書不要とする場合が多いです。

しかし、総量規制の対象外で比較的多額の借り入れもできることから、最大300万円まで不要というところも出てきました。ただし、自営業者やフリーランスの場合は、収入証明書不要となっていても、事業実態をつかむために確定申告書や、事業実態がわかる書類を提出するように求める場合がありますので、注意しましょう。

身分証明書の提出のみで融資可能

収入証明書不要の場合は、申込者本人の確認ができる身分証明書の提出のみで済みます。書類の画像をスマートフォンで撮影して、画像をサイトのフォームから送信して提出することで、郵送での提出に比べ時間がかかりません

金融機関側もすぐに審査にとりかかることができるため、その日のうちの融資が可能となるのです。ただ、相手先によっては、運転免許証しか受け付けられない場合があるので注意が必要です。

運転免許証を取得していない場合は、健康保険証やパスポートなどになりますが、書面による郵送提出ですと、余計に日数がかかりますので、即日借りるのは無理でしょう。どうして運転免許証が好まれるかと言うと、顔写真がついていて、何かあった時に本人の確認がしやすいですし、免許証に個別の発行番号が付いているため、照会が容易になるからと見られています。

銀行で即日融資するには?

銀行で即日借りるなら、インターネットで申込可能で、平日のお昼から14時くらいまでの時間に手続きをするのが必須となります。土日祝日にインターネット申し込みはできても、営業時間外で審査には対応していないところが多く、翌営業日以降に回されることもあるからです。

即日融資を受けるには、相手先の預金口座が必要となる場合もありますので、その場合は自前に用意しておかなくてはいけません。多くの場合は、キャッシング申し込みと同時に口座開設手続きを行い、初回の借り入れのみ振り込みキャッシングで手持ちの銀行口座に入金手続きをとってもらうこともできます。キャッシングカードや口座の開設に時間がかかっても安心です。

また、土日祝日に対応している場合は、店舗のATMコーナーにローンカードの発行ができる専用の受付機械が設置されていることがあり、即日借りることもできるようになっています。勤務先が休みでも、代替書類を提出して在籍確認をなしにできるよう配慮してもらえる場合もあります。