即日キャッシングの在籍確認の方法とは!?普通の申込とちょっと違う

即日キャッシングとは、その名の通り即日、申し込んだその日にお金を借りられるというものです。かなりの割合でお金を借りることができますし、審査基準もそんなに厳しくありません。

ただ、気をつけたいのが在籍確認です。実は即日キャッシングの場合、すぐにお金を借りられるようにするため、在籍確認のやり方が違うのです。
実はそれぞれの企業ごとに違うので、やり方を見ていきましょう。

在籍確認方法とは

まずは普通の在籍確認の場合で、この場合は勤務先に電話を入れて本人がいるかを確認します。この時、会社名ではなく個人名での電話連絡になりますから、確認の際に勤務先に発覚することはそう無いでしょう。むしろ、申込をした時からそのような細かい配慮はなされていますので、よく考える必要があるのです。

とはいえ、この方法では土日や深夜など、勤務先が休みだったり人がいない時には対応ができません。このため、土日や深夜などの確認の時には他の方法を使うこともあります。

土日や深夜の場合はどうするの?

少額だけ貸し出す方法

ひとつは書かれた情報をすべて信頼し、少額だけ貸し出す方法です。
これは昔からある方法です。
まずは本人の申込情報を確認し、社内審査と信用情報確認を確認します。といっても、ここまでは社内審査となります。

この時点である程度確認ができ、社内に悪い情報が残っていないのなら、本人確認を行います。この場合は電話などで本人に連絡が取れるかどうかを確認し、本当に申し込んだのかどうかの確認を行うのです。
最後その情報を元にあまり大きくない借入枠を設定します。

この場合、信用度合いが低い人や収入が少ない人でも数万円、最高で50万円ほどの与信枠が設定されます
この与信枠の範囲なら即日キャッシングが利用できるのです。そんなに大きくない金額でもすぐに借りられるようにしているのですね。

ちなみにこのあと、キャッシング会社などは改めて平日の昼間に会社に電話確認をします。この時、確認が取れればちゃんとした審査に入り、本来の与信枠を設定してもらうことができるのです。

在籍を確認できる書類を提出する方法

もうひとつは、在籍を確認できる書類を提出するというやり方です。
これは最近の消費者金融などがやり始めた方法となります。
まず、申し込みをする人は在籍確認として会社に電話をしないで欲しいと申し込みの時に伝えます。この時、在籍確認の代わりになるのが本人の勤務先を確認できる書類です。

この書類は勤務先の社員証や直近から数カ月分の給料明細書、源泉徴収票などがあります。これらの書類を提出することにより、即日キャッシングができる会社はすぐにお金を借りるようにできるのです。

とはいえ、このような場合は在籍確認を行いその人が本当にその会社にいることを証明できたわけではありませんから、あまり与信枠は大きくありません。借りられる金額が小さくてもいいのですぐに借りたい、会社に電話が来るとまずい、というのなら、このような確認をしない会社を選ぶのも方法でしょう。

ちなみに即日キャッシングの場合はどちらの方法でも、あまり大きな金額は借りられません
ここでいう大きな金額とは、だいたい50万円以上ということですね。これは申込時に仮与信枠が設定されるキャッシングの方でも、会社に確認電話が来ない方もどちらも同じです。

ただ、申込時に仮与信枠が設定される場合、勤務先の確認さえ取れれば本来借りられるはずだった金額を借りることができるのです。ですので、収入や信用情報次第では、確認さえできれば数百万円借りられる人も出てくるのです。

また、誰でもが50万円までしか借りられないというわけではなく、中にはこの与信枠は20万円や30万円の人もいるでしょう。その点は忘れないようにしておきたいところですね。