フリーローンとキャッシングの違いとは!?

お金を借りるとき、様々なお金の借り方があります。
この中には「フリーローン」を利用する人もいれば「キャッシング」を利用する人もいます。実はこのフリーローンとキャッシングはかなり用途が違うものなので、選び方をよく考えましょう。

システムの違い

まず、システムが違います。
フリーローンもキャッシングもお金を借りて返済するというものではあるのですが、途中でお金が追加借り入れできるかどうかに違いがあるのです。

フリーローンは一度借りたら追加借り入れができず、そのあとはずっと返済していくだけというものになります。
もし追加でお金を借りたいときは、また別のローンを新たに契約することになります。この時、前に借りていたローンの存在がリスクだと判断されれば借り入れをすることができません。

一方、キャッシングは特定の枠の中で一度借りて返済中でもまた追加で借り入れができます。返済していけば与信枠が空き、その与信枠の分だけまたお金を借りることができるのです。このため、追加での借り入れができますし、借金をさらに追加したいのなら対応できます。

借り入れ場所の違い

次に借り入れ場所です。

フリーローンの場合はだいたい銀行や消費者金融などで借りることができます。インターネットでも契約することができます。申込書を記入し、お金を借りることになるのです。

一方、キャッシングの場合は銀行や消費者金融などで契約します。お金を借りるのはだいたい無人契約機やATMなどで借りることになります。インターネットでも借りることができますし、追加借り入れもできます。

ちなみに電話を使う場合は専用のコールセンターに電話し、オペレーターに申し込みをして手続きを行うようになるのです。

用途の重要性の違い

そして、用途の重要性も違います。
フリーローンの場合は用途を必ず聞かれます。用途は必ず「何に使うか」を聞き、その用途に合う範囲内でお金を貸し出されます。このため、信用度合いが大きい人でもその用途に不相応な金額を借りることはできません。

一方、キャッシングの場合でも用途は聞かれるのですが、それ以上にその人の信用情報やその人の収入・返済能力などを見ます。このため、返済能力がどのくらいあるかなどの情報を重視し、審査によって借入枠が設定されるのです。

ちなみに、このために用途を偽って申請するのは虚偽申請となります。虚偽申請だと発覚すればすぐに一括返済を求められることもありますから、よく考えるようにしましょう。

利用枠の違い

利用枠の違いもあります。
フリーの場合は元本を返済していけば、その枠は徐々に減っていきます。利用枠が減ることは信用情報上では徐々に借金額が減るためリスクも減りますし、信用性も高くなります。

一方、与信枠が設定される場合は与信枠の範囲内ならば自由に借りて返済できるのですから、その与信枠の分だけは借金をしているとみなされ、信頼性やリスクが存在し続けるとみなされるのです。これは与信枠があるかぎり存在しています。

ちなみにこの与信枠が設定されるものとしては、他にも様々なローンや消費者金融などがあります。このため、近々大きな借金をしたり住宅ローンを利用するような場合は特に注意したいところでしょう。

もちろん返済能力に対して借入金額や与信枠が少ないのならそんなに意識することはありませんが、そうではないのならよく注意しておきたいところですね。

実はどちらもお金を借りるということについてはどちらも近く、ほぼ同じ条件となっています。ただ、その一方でお金を借りる場合はいろいろな手続きがあり、返済や借金の違いなどもかなり違いがあります。

このため、自分に合った方を適切に選び、なおかつ自分がどんなサービスを利用したいのか、ということをよく考えましょう。