ネット銀行のキャッシングが今年アツい!?無店舗型で低金利を実現

ネット銀行は最小限の店舗のみを有して、インターネットや電話などを介して取引を行っている銀行のことです。ネット銀行が登場したのはインターネットが一般家庭にも普及し始めた2000年代に入ってからで新たな業態の銀行として世にでることになります。

それまで先行していたネット証券の銀行版とも言えるもので、その多くは銀行や通信会社などの共同出資によって設立されたり銀行の子会社などとして設立されてきた経緯があります。現在では都市銀行や地方銀行とは異なり全国を営業エリアとする銀行として営業しています。

ネット銀行のサービス

ひとつにネット銀行といっても、そのサービスはさまざまで店舗を保有しないことによる運営コストの低さから従来の銀行に比べて低い手数料で取引を行うものから、プレミアムなサービスを専ら提供しているところなどもあります。

一方で自前の店舗を保有していないため、現金のやり取りに関しては提携している銀行やコンビニなどのATMを使って行うことになります。多くは銀行通帳は発行されず、キャッシュカードのみ発行され、取引明細に関してはパソコンや携帯電話で閲覧することになります。なお、申し込みに関しては郵送で行う必要があり、消費者金融などとは異なりインターネット上ですべての手続を完結させることはできません

以前のネット銀行のサービスとしては、その運営コストの低さやインターネット上で取引を行うことによる低い手数料によるお金のやり取りが中心でしたが、2010年代に入ると各種ローン商品や外貨預金、投資信託、保険などを幅広く扱うようになっています。特にローンに関しては運営コストが低いため低金利といったメリットがあります。

ネット銀行のキャッシング

一方でローンサービスでもやや異なるのがキャッシングです。キャッシングは用途自由なお金を借り入れることができるサービスのことです。銀行では同様のサービスとしてはカードローンが知られますが、カードローンではATMから直接お金を引き出すことができますが、ネット銀行のキャッシングの場合にはインターネットで手続きを行って限度額内の金額を銀行口座に振替る方法で融資されます。返済は銀行口座から引き落としのほか振替で行われます。

金利に関しては銀行ごとに変わってきすが、下限金利が2%台の低金利の商品も用意されています。一方で上限金利に関しては18%が設定されており、消費者金融並みに高いところがあります。

このように金利の幅が広いのはあらゆる顧客層に対応しているためで、実際の金利はその人の信用力に応じて設定されることになります。借入できる限度額は1000万円までと設定しているところもあり、最高限度額であれば金利は2%台と低金利に設定されており、他の目的ローンを利用するよりも有利に借入ができるケースもあります。

借入には口座開設が必要

申し込みから審査、契約も比較的簡単に行え、口座があれば1時間足らずの時間で借入を行うことが可能です。もちろん口座がない場合にも口座開設をすることで利用が可能ですが、口座開設の手続きが必要です。

借入に関してはログインして借入金額を入力し確定するだけで自動的に口座に入金されます。ネット銀行は365日24時間営業しているので、すぐに融資が実行され夜間でも借入が可能ですし、提携ATMを通じて出金することもできます。

一方で返済に関しては、銀行口座から行われる自動引き落としによって行われます。毎月の返済額は残高によって連動するタイプが一般的です。

なお、返済が早ければ早いほど金利を負担しなくても済みますが、繰り上げ返済も可能で、この場合には借り入れる際と同様にログインして返済金額を入力し銀行口座から振り替えることで行うことができます。