アイフルのキャッシングはダメ!?申込・審査とアイフルの魅力

今、カードローンを利用するのであれば「銀行系カードローン」がおすすめと言われています。その理由として、「低金利・高額融資が利用出来ること、総量規制対象外なので年収に関わらず高額融資の期待が持てること」などがあります。

また、「母体が銀行なので経営面での安心感が高い」という理由も大きくかかわっています。しかし、消費者金融系カードローンが全ての面で劣っていると言う訳では無い為、状況に合わせて選択していくことが大切です。

独立系を貫き通す「アイフル」

消費者金融系としては大手である「アイフル」は、他の消費者金融が次々と銀行傘下に入っている状況の中、「あくまで独立系を貫き通している消費者金融」です。中小以下の消費者金融の中には独立系の会社が沢山ありますが、大手の中で独立系なのはアイフルだけです。

独立系と銀行系のカードローン(キャッシング含む)で大きな違いとなるのは、「母体の資金力」です。冒頭で銀行系カードローンがおすすめだと書きましたが、その理由として直接関係してくるものが総量規制対象外と言う点です。もちろん、低金利なども重要な理由ではありますが、総量規制対象か対象外かと言う点は非常に大きなポイントになります。

母体の資金力が潤沢にあるカードローンの場合、契約可能な状況が増えます。例えば資金が潤沢にあるカードローン会社であれば年収100万円で契約出来るが、資金力に乏しいカードローン会社の場合は年収150万円無ければ契約することが出来ない可能性が高まると言った具合です。

また、契約時の利用上限金額や金利設定、契約後の増額ペースなどにも違いが出る可能性が高くなります

明確にはっきりとした違いが見て取れる状況はあまり多くありませんが、状況ごとにこういった差があることを踏まえて申し込み先を選ぶように意識すると良いでしょう。

市場シェア、トップクラス!

さて、アイフルに関して見てみると、独立系と言うことで銀行系に劣っていると考えられても全く不思議はありません。つまり、徐々に利用者が減っていき時代に淘汰されてしまう可能性が高いと言える訳ですが、実際には今でも市場シェアはトップクラスを維持しています。

これは単純に「アイフルが利用者に高く支持されているカードローン会社である」と言うことの裏付けだと言えます。これ自体も十分大きな魅力と言うことが出来ますが、この他にも様々な魅力があります。

まず、最近のカードローンでは一般的になりましたが「即日融資」にも対応しています。最短30分審査、早ければ1時間以内で契約を完了させられる可能性もある為、緊急時の申込みについても十分に対応することが出来ます。

カードローンを利用する為には審査を受ける必要がありますが、この審査基準に関しても銀行系よりも優遇されている可能性が高いので、属性に自信が無い人でも契約できる可能性があります。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは利用中の状況は非常に優れていますが、契約時のハードルが消費者金融よりも高めに設定されているというデメリットがあります。快適に利用出来る可能性が高い反面、契約できる状況が限られてしまうのですが、

消費者金融系カードローン

その点で消費者金融系カードローンは逆の状況にあります。契約のハードルはあまり高くありませんが利用中の環境は銀行系に劣ってしまう訳ですが、短期利用や明確な返済計画がある状況であればあまり大きな問題になることはありません。

金利が高いと言うことは、それだけ返済にかかる負担が大きくなってしまうという事に直結します。しかし、アイフルは最大融資金額が300万円と低い上、金利も最小で4.5%と低く設定されています。単純計算で300万円借りられれば最小金利で利用出来るため、他社に比べて最小金利で利用出来る人が多くなるという魅力があります。