みずほ銀行カードローンは即日キャッシング難しい!?実は厳しい審査

みずほ銀行カードローンは、メガバンクのカードローンであるだけに「審査が厳しいのでは?」と思うこともあるでしょう。何日も審査に時間がかかり、即日キャッシングは難しいようなイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、実際には、みずほ銀行カードローンの審査は非常に時間が早く、即日融資も可能です。さらに、WEBですべて完了し、電話確認がないのも特徴です。

即日キャッシングの条件とは?

必要書類の提出

ただ、WEBで全部完了し即日キャッシングをするためには、いくつかの条件があります。これは、必要書類の提出です。

消費者金融やその他の銀行カードローンの場合、本人確認ができるもの、たとえば運転免許証やパスポートのみで審査を通過することができる場合があります。しかし、みずほ銀行カードローンの場合は、身分証明に加えて、収入証明、在籍証明の書類も求められます。

収入証明には、確定申告書や源泉徴収票、給料明細、所得証明書などが必要です。さらに、在籍証明は、健康保険証、組合保険証、社会保険証のほか、1か月以内に発行された給与明細などがいります。

これらの書類を即日で揃えられるのであれば、在籍確認の電話などもなく、みずほ銀行カードローンの申し込みをして数時間後には指定口座に入金ということも可能です。

国民健康保険では申し込み出来ない

ただ、この健康保険証ですが、国民健康保険だとWEB申し込みは不可ということになっています。

正社員ならともかく、パートやアルバイトで生計を立てている人は、国民健康保険であることも多いでしょう。そうなると、即日融資が難しくなります。つまり、審査が厳しいと判断されることにもなるわけです。

みずほ銀行口座必須!

また、みずほ銀行カードローンを利用する際には、みずほ銀行に口座があることが必須条件となっています。これは、カードローンの申し込み時に同時に開設することができますが、手間がかかると思ってしまう人もいるかもしれません。

信用情報の確認

なお、みずほ銀行に限らず、融資の審査の際には信用情報を確認されることになります。これは、その人の借り入れ状況を知ることができるというものです。カードローンの申し込みの際には、他社からの借り入れ状況を記載する欄がありますが、銀行は自己申告を鵜呑みにするわけではありません

信用情報機関に問いあわせ、申請者の金融状況を確認します。この際に、銀行系は消費者金融系よりもより厳しい信用情報機関を参照します。債務整理をして自己破産や任意整理中であるとブラックリストに記載されていると、当然却下されます。

それ以外でも、他社のクレジットカードの滞納記録や返済が遅れているということまで知ることができます。その結果、信頼がおけないと判断されると、融資を見送られることもあります。

さらに、信用情報には、年齢、職業、勤務先、雇用形態、年収、居住形態、家族構成などが明らかになっています。すべてがスコア制となっており、信用度が高いほど高得点で表されます。

年収は高いほどいいのはもちろんですが、勤務先も大きく関係します。公務員や一部上場企業に勤めているほうがスコアは高く、独身よりも既婚者のほうがより信頼度が高いということになっています。

土日の即日キャッシングは出来ない

なお、みずほ銀行カードローンは、土日には即日キャッシングはできないことになっています。WEB申し込みは可能ですが、土日は銀行が営業していないので、その他の手続きができないのが理由です。キャッシングができるのは、早くて翌週の月曜日、あるは連休明けということになります。

週末にお金が入用なら、ギリギリではなく早めに申し込むことです。
銀行系のカードローンの中には土日にカード発行をしているところがありますので、急ぎの場合は他をあたってみるとよいでしょう。